2021年07月31日

トトロ? 現人神社

トトロ? 現人神社 2021-07-31

現人神社20210731No3_R
朝から暑いし、午後からは崩れそうな天気予報、どうしようかな?
この2、3年気になっていた現人神社へ行くことにしました。
初めての現人神社でしたが、偶然にも、7月31日は、夏越祭ということで、風鈴に茅の輪…ラッキーでした。
アオバズクにも会えて満足なんだけれど、鳥の撮影は厄介ですねぇ…

現人神社20210731No24_R
正徳4年(1714)に建てられた、明神鳥居とよばれる形式のものだそうです。

現人神社20210731No35_R
コロナ禍時代の名物、花御手水

現人神社20210731No33_R
金魚かと思ったら、髭が生えた鯉だった… 何故に…

現人神社20210731No38_R
昔の人は、「風」に神様を感じ、風は願いを神様に運んでくれるものとされていたそうです。
風車は、風(神)を視覚的に感じることができる…

現人神社20210731No11_R
風鈴は、風(神)を視覚だけでなく、聴覚的に感じることができるんだね

現人神社20210731No20_R
大きな御神木の楠? 樹齢はおよそ1000年なんだそうです。

現人神社20210731No40_R
現人神社
全国に2000社ほど存在する住吉三神を祀る神社の中で、その三神・誕生の地、住吉神社の発祥の地とも言われているそうです。結構古く、由緒正しい神社のようです。

現人神社20210731No30_R
阿形の狛犬、頭に一本の角が生えている

現人神社20210731No31_R
結構気合の入った吽形

現人神社20210731No27_R
「祓いの神」「仕事運の神」住吉三神をお祭りする最古の神社

現人神社20210731No28_R
ご祭神  底筒男命、中筒男命、表筒男命
この三神は穢れを祓う神様であり、また、 現世に人の姿で現れて、人々を導く神様ということで、現人神社なんだそうです。

現人神社20210731No19_R
風鈴回廊 流行りの映えスポット

現人神社20210731No10_R
神様を感じることのできる、風鈴の音、いいねぇ…

現人神社20210731No34_R
この鯉の飾り物は、「恋鯉守り」という事らしいです。現人神社は、縁結びのスポットでもあるようです。

現人神社20210731No2_R
今日の本命、アオバズクはすぐに見つけることができたのですが…

現人神社20210731No14_R
境内の御神木の上の方に居て、なかなかうまく撮れない。

現人神社20210731No8_R
切り貼りしてそれなりの写真にはなったけれど、いまひとつかな?

現人神社20210731No3_R
見ようによっては、トトロの横顔にも見えたりして、なかなか可愛らしい

現人神社20210731No5_R
アオバズクは、群れで行動せずに、雄雌ペアで生活する事が多く、パートナーを大事にする梟だそうです。

現人神社20210731No13_R
胸を張って、凛々しい姿
生き物は、花と違って、近づけないし、ジッとして居ないので、カメラに収めるのは、難しいねぇ…

現人神社御朱印1
現人神社 御朱印

現人神社御朱印2_R
願い結び風鈴の御朱印
次回来る時には、じっくりと時間を取って、アオバズクのベストショットを撮りたいものです。




kattenihanakotoba at 23:44|PermalinkComments(0)

2021年07月29日

Take off ! 樫原湿原

Take off ! 樫原湿原 2021-07-28

サギソウ(樫原湿原20210728)No7_R
そろそろ、サギソウの季節、咲き始めたかな? ということで、樫原湿原に赴きました。
サギソウは、咲き始めどころか、結構な数が舞っていました。今年はどの花も早いようです。
サギソウはもちろんのこと、コオニユリ、コバギボウシ、キスゲも気持ち良さそうに咲いていました。

コオニユリ(樫原湿原20210728)No1_R
コオニユリ

コオニユリ(樫原湿原20210728)No3_R
傷みも少なく奇麗なコオニユリが咲きまくっています。

コオニユリ(樫原湿原20210728)No2_R
この季節、いたるところで、我が物顔に振舞っているようですね

コオニユリ(樫原湿原20210728)No4_R
コオニユリの花言葉「賢者」「情熱」

樫原湿原20210728No13_R
ヌマトラノオ 盛りを越えたかな?

樫原湿原20210728No35_R
意外に可愛らしい花なのですよ。

樫原湿原20210728No37_R
オミナエシ 秋の花といったイメージが強かったので、夏真っ盛りのこの時期に…なんだかなぁ…

樫原湿原20210728No41_R
キリギリスもオミナエシが好きなようです。

樫原湿原20210728No79_R
ヒヨドリバナ

樫原湿原20210728No80_R
これでも花なんかいな?と何時も思ってしまう… 不思議な形の花だよねぇ…

樫原湿原20210728No74_R
弁天様にお詣り、長年続く金欠病をどうにかしてほしい…

樫原湿原20210728No77_R
エゾミソハギ

樫原湿原20210728No78_R
樫原湿原にエゾミソハギが咲いているとは知らなんだ。結構好きな花なのよねぇ…

樫原湿原20210728No60_R
いよいよサイヨウシャジンの季節到来かな
雨が少なかったせいか干乾び気味、湿原も水が少なく干からびていた。
湿原の花々がちょっと心配・・・

樫原湿原20210728No65_R
キンミズヒキも目立ってきた

樫原湿原20210728No66_R
コバギボウシ

樫原湿原20210728No69_R
我が世とばかりに、咲きまくりです。

樫原湿原20210728No63_R
オオバギボウシより、紫の強いコバギボウシの方が好き

樫原湿原20210728No72_R
バイオレットのストライプがたまらん

樫原湿原20210728No94_R
サギソウ

サギソウ(樫原湿原20210728)No6_R
咲き始めどころか、沢山のサギソウが舞っていました。

サギソウ(樫原湿原20210728)No4_R
青空に向けて、Take off !

サギソウ(樫原湿原20210728)No1_R
サギソウとはよく付けた名前だなとつくづく思ってしまう

サギソウ(樫原湿原20210728)No7_R
予想以上の咲きっぷりに、大満足!!

サギソウ(樫原湿原20210728)No2_R
サギソウの花言葉「清純」「繊細」「夢でもあなたを想う」

樫原湿原20210728No55_R
カワラナデシコ

樫原湿原20210728No50_R
夏花の代表だよねぇ

キスゲ(樫原湿原20210728)No3_R
キスゲ

キスゲ(樫原湿原20210728)No6_R
今日は、午後からの散策だったので、キスゲも気持ちよく迎えてくれました。

キスゲ(樫原湿原20210728)No5_R
こんなに奇麗に咲いているキスゲも久しぶり、夕方に開花する気難しい花だもんね。

キスゲ(樫原湿原20210728)No8_R
キスゲの花言葉「麗しき姿」
真に麗しいキスゲの姿を見ることができました。

樫原湿原20210728No95_R
ナンバンギセルも咲き出し…

樫原湿原20210728No91_R
サワギキョウは、開花準備中でした。
午後、やや遅い時間からの花散策が功を奏して、サギソウだけではなく、麗しいキスゲの姿も見ることができて、満足!満足!!




kattenihanakotoba at 10:14|PermalinkComments(0)サギソウ | 樫原湿原

2021年07月26日

グルッと阿蘇~九重

グルッと阿蘇~九重 2021-07-25

ギンバイソウ(上色見熊野座神社20210725)No8_R
先日の古処山ギンバイソウは、時期尚早? 蕾ばかりだったので、ちょっと欲求不満…
確実にギンバイソウが咲いていて、お気軽に見ることのできるところは…??
ということで、阿蘇、上色見熊野座神社へ GO!!
ついでに、グルッと阿蘇~九重を巡ってきました。

上色見熊野座神社20210725No5_R
上色見熊野座神社 人気のパワースポット

上色見熊野座神社20210725No7_R
伊邪那岐命、伊邪那美命、石君大将軍を祀りしています。

ギンバイソウ(上色見熊野座神社20210725)No4_R
上色見熊野座神社本殿裏山には、ギンバイソウの群生

ギンバイソウ(上色見熊野座神社20210725)No11_R
綺麗なギンバイソウが咲き乱れています。ちょうど見頃かな?

ギンバイソウ(上色見熊野座神社20210725)No16_R
結構小さな虫たちにも人気で、虫の付いていない花を探すのに一苦労しました。

ギンバイソウ(上色見熊野座神社20210725)No8_R
ギンバイソウの花言葉「平和・愛のささやき」
何と囁いているのだろうか? ちょっと気になる…

上色見熊野座神社20210725No32_R
穿戸岩
巨大な岩山を大きな風穴が貫いていることから、どんなに困難な目標でも必ず達成できる象徴として「合格・必勝」のご利益があるとのこと…

イワタバコ(上色見熊野座神社20210725)No2_R
イワタバコ

イワタバコ(上色見熊野座神社20210725)No4_R
イワタバコの花言葉「愛らしい心」「涼しげ」だそうです。
上色見熊野座神社には、愛が一杯ですねぇ

ソバナ(上色見熊野座神社20210725)No1_R
嬉しいことに、ソバナも咲いていました。まだ早いかなと思っていたので、ラッキー!

ソバナ(上色見熊野座神社20210725)No5_R
ソバナの花言葉「清らかな愛」
上色見熊野座神社には、愛があふれかえっているようです。さすがに、人気のパワースポットだけのことはありますね。

南阿蘇ビジター20210725No2_R
南阿蘇ビジターセンターに移動して、ヤマホトトギス

南阿蘇ビジター20210725No4_R
アソノコギリソウ

南阿蘇ビジター20210725No6_R
マツモトセンノウ

南阿蘇ビジター20210725No11_R
久しぶりに見たような気がする、鮮やかな色のせいか、パッと見た時にヒメユリかなと思ってしまった

南阿蘇ビジター20210725No32_R
ハエドクソウ カメラおじさん泣かせの花

南阿蘇ビジター20210725No13_R
フジカンゾウ ハエドクソウに比べればましだけど、これも泣きたくなる…

南阿蘇ビジター20210725No19_R
クサフジ

南阿蘇ビジター20210725No21_R
どこにでも咲いている花ですが、赤紫~青紫のグラデーションが好き

南阿蘇ビジター20210725No8_R
シモツケ

南阿蘇ビジター20210725No26_R
カモメヅル系統の花だよね? ロクオンソウだと思う…

南阿蘇ビジター20210725No25_R
厳つい顔した星おじさんに見えるのは私だけかな?

南阿蘇ビジター20210725No23_R
ハナシノブかな?と思ったら、ヤツシロソウのようです。

南阿蘇ビジター20210725No24_R
予想外のヤツシロソウに感謝!感激!!

南阿蘇ビジター20210725No33_R
オカトラノオ 忘れてくれるなよとばかりに咲いていました。

南阿蘇ビジター20210725No28_R
ひっそりと葉の下に隠れていたのは、キツリフネ

南阿蘇ビジター20210725No41_R
蕾も沢山あり、これから勢力を増してくるでしょう。

南阿蘇ビジター20210725No31_R
ハナシノブ

南阿蘇ビジター20210725No42_R
終盤でしたが、清楚に咲いています。たまらんねぇ…

南阿蘇ビジター20210725No37_R
ハナシノブの花言葉「あなたを待つ」「待ち焦がれる」
待っていてくれて、ありがとう!

南阿蘇ビジター20210725No48_R
ミズタマソウ

南阿蘇ビジター20210725No56_R
まだかなと思っていたのですが、探してみると咲いていました。

南阿蘇ビジター20210725No53_R
ミズタマソウの花言葉「心の美しさ」
小さくて可愛らしい花だけど、カメラに収めるのには一苦労します。

南阿蘇ビジター20210725No52_R
ツクシトラノオ

南阿蘇ビジター20210725No69_R
紫色は、私のツボ… 大好きな花々

南阿蘇ビジター20210725No63_R
植栽でしたが、ヒオウギも咲いていました。
そういえば、今年はまだ、ヒオウギを見に、平尾台へ行っていないなぁ…

タデ原湿原20210725No1_R
タデ原湿原は、台風襲来を思わせるような強い風が吹いていました。
サワギキョウも咲き始めていたのですが、強風のため写真どころではない感じ

タデ原湿原20210725No6_R
強風の中、何とか撮る事の出来た花々、クサレダマ

タデ原湿原20210725No7_R
「草連玉」 漢字表記で汚名返上! 「腐れ…」ではありません。

タデ原湿原20210725No8_R
チダケサシ

タデ原湿原20210725No5_R
コバギボウシ

タデ原湿原20210725No15_R
シモツケソウ 台風並みの強風の中、我ながらよく撮れたなぁ…と感心

タデ原湿原20210725No17_R
ヒゴタイも準備中、さすがにこの強風では、トンボもいなかった…

男池20210725No32_R
男池に移動、名水の滝方面へは、令和2年の水害の影響で立ち入り禁止でした。

男池20210725No6_R
昨年は、男池園地入り口付近のキツネノカミソリは壊滅でしたが、今年は数厘咲いていました。

男池20210725No7_R
以前の様に、咲き誇るキツネノカミソリを見たいものです。

男池20210725No5_R
メタカラコウ

男池20210725No2_R
咲いているのか? 散りかけているのか? ようと分からんような花です。

男池20210725No24_R
ヤマジオウ

男池20210725No34_R
ハクウンラン

男池20210725No42_R
今年は豊作なのかな? すぐに目につきました。

男池20210725No22_R
天気はいまいちでしたが、楽しい阿蘇~九重、グルッと花散策でした。



kattenihanakotoba at 15:43|PermalinkComments(0)ギンバイソウ | ハクウンラン